てんかん (チャロ)

昨日、ママがコタツでお昼ご飯を食べていたとき、目の前のソファで寝ていたチャロちゃんが、突然痙攣し始めた。体が硬直したと思ったらソファの上で横転したり、変な形にぐにゃぐにゃすごい力で反り返ったりして、ママは「チャーたん、チャーたん」って言いながらチャロちゃんを抱こうとしていたけど、体が固くて抱き上げることもできず、ソファーから滑り落ちていった。そして、オシッコもジャーッて出てしまった。(写真はソファーから落ちたあと、少し落ち着いたとき)
落ちた

発作が起きていたのは、時間にして1~2分くらいだったのかもしれないけれど、ママにはすごく長く感じられたらしい。硬直が終わったあと抱っこされてたチャロちゃんは、少し放心状態になってるみたいに見えた。あたしも近くにいたから、ハラハラ・ドキドキしていた。そのうち、いつものチャロちゃんに戻ったんだけど。
だきあげられる

オシッコで濡れちゃったソファーカバーを洗いに行ってる間に「チャロちゃんがいなくなった」ってママが探していたから、「コタツの中にもぐっていったよ」って教えてあげた。チャロちゃんは、コタツの中でスヤスヤ寝てた。
もぐって

洗濯物を取り込みに行ったとき、一緒にお庭についていったあたしたち。チャロちゃんは、いつも通り元気でボール遊びもしていた。あ~、よかった。
元気になった

てんかん発作がもう起きませんようにのポチッとヨロシクね→にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ

コロは1歳までに数回と2歳の時に1度、クロは3歳の終わり頃と4歳の時に2度『てんかん』の発作を起こしています。その後は、見ている限りでは発作を起こしていません。 コロやクロで『てんかん』の発作の様子はだいたいわかっているため、昨日のチャロも、見た瞬間「てんかんだ」と思いました。てんかんだとわかっても、その状態を目の当たりにしていると、このまま死んでしまったらどうしようという気持ちになってしまいます。実際に発作が起きている時間は短いんですが、死んでしまうんじゃないかと思えるような痙攣や、体や足の硬直と変な方向への反り返りが、いつまでも続いているように感じてしまいます。発作が終わると何事もなかったかのように普通に戻るんですが、チャロも『てんかん』があるんだとショックでした。コロやクロのように、数回はあったけれどその後は起きていないように、チャロもこれで終わってくれるといいなと思います。が、実際にはコロクロや、もしかしたら一度も発作を起こしたことがないと思っているマロや、今回が初めてと思っているチャロも、飼い主の見ていないところで今までにも発作を起こしていたかもしれません。見ているだけでも辛いし、発作を起こしているワン自身はきっと苦しいであろう『てんかん』が、今後も繰り返されることがありませんように。
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

プロフィール

クロ

Author:クロ
『柴犬多頭飼い コクマチャ日記』から飛び出して、あたしが楽しい毎日の様子を綴ります。

リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ村
月別アーカイブ
BuruBuruの会
ブルブルッコちゃん、仲間がいるから大丈夫だよ~
あたしは応援団だよ~
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード